個別指導学習塾の良さと夏期講習

私は生まれてから一度も塾というところに行ったことがありません。頭が良かったからではなく、むしろ頭が悪すぎたからです。塾は学校の勉強を復習よりも予習をするとこのようで、学校の勉強についていけていない私が行くとこでは無いように思っていたからです。だけどもだけど、底辺ですが高校にも行けたし、就職して一般平均よりも良いお給料をもらっていたし、結婚して子供も生まれてマイホームも持てました。勉強ができなくても世間の言う勝ち組なのではないかと思っています。個別指導学習塾は入会生ひとりひとりの性格や苦手科目、特記事項などを理解してくださるところが良いと思います。うちの子がお世話になっている全国ネットの個別指導学習塾は一人用の机が個別ブースになっていて生徒同士横のつながりは希薄なのですが塾長はじめ講師のみなさんがフレンドリーで親にも子どもにも明るく声掛けしてくれたり猛暑の夏期講習時にかき氷機を持ち込んで生徒たちに氷イチゴをふるまってくれたりしました。そういえばかき氷の「かき」で思い出しました。学習塾の夏期講習といえば目玉中の目玉で塾側からすると大変な繁忙期なわけですがこの時期は他支部からいろんな講師がスケットでいらして担当するので娘も「今日の先生は初めてで説明がわかりにくかった」などともらしていました。気になる夏期講習代のほうは夏休みがスタートする1か月ほど前からコマ割りのスケジュール表をわたされます。学年ごと志望校ごとに、45日間のうちあなたには何コマくらい補修が必要だという情報をもとに保護者がコマ数で申込むのですが、お弁当持参で一日に3とか4コマ通うとなるとものすごい金額になります。我が家の例でいきますと夏期講習代が(1か月の塾代)×5くらいになり、さすがに家計が火の車でした。

店舗物件 東京 2266 6/4

Copyright ©All rights reserved.個別指導学習塾の良さと夏期講習.